信陽舎について

法人概要

名称

公益財団法人信陽舎

所在地

〒180-0021 東京都武蔵野市桜堤1-9-9

創立(寮)

明治39年11月23日

財団認可

大正13年 7月13日

TEL/FAX

0422-51-0218

 

アクセス

 

今日までの歩み

明治39(1906)年

東京市小石川大塚町に木造2階建ての寮舎を開設(11月23日)

大正13(1924)年

財団法人の認可を受ける、初代理事長高橋錬逸(7月13日)

昭和 2(1927)年

震災後の区画整理事業の対象になり、杉並区馬橋3丁目に移転(10月16日)

昭和20(1945)年

東京大空襲に被災・全焼(5月23日)、残留寮生はアパートを借り協同生活に入るが翌年解散、以後空白時代

昭和31(1956)年

馬橋跡地を処分し、武蔵境に中古邸宅を購入寮再開、開寮式(9月17日)

昭和34(1959)年

新館建設工事完成落成式(10月25日)、寮生募集域を全県一円に拡大

昭和49(1974)年

時代の流れを受けて全館個室制に移行(4月1日)

平成 5(1993)年

老朽化の激しい寮舎再建の方向として武蔵野市の協力を受け、市の福祉施設「ケアハウス」と寮の併設の合意ができ、基本契約書を締結(6月11日)

平成 8(1996)年

新寮舎工事完了、工事中一時閉じていた寮を再開(4月1日)

平成23(2011)年

公益財団法人の認可を受け(3月25日) 移行(4月1日)

 

組織・役員

【評議員】

宮川 章義

原田 守啓

片桐 勝臣

上松三治彦

浅沼 弘愛

【役員】

理事長

古島 史雄

副理事長

福與 卓臣

常務理事

池神 利勝

常務理事

土屋 雅敬

理事

林 史典

理事

島岡 洋平

理事

伊原 江太郎

理事

葛岡 龍夫

理事

牧野 憲治

理事

深澤 克己

理事

常盤 昌昭

理事

池野 兼広

監事

久保田光昭

監事

坪木 崇

 

寮生の出身高校

北信 飯山北、飯山南、更科農業、篠ノ井、須坂園芸、須坂、須坂西、須坂東、長野工業、
長野、長野商業、中野西、長野西、長野東、長野南、長野吉田、中野立志舘(中野実業)、
長野高専、長野俊英、長野日大(長野中央)、松代、屋代
東信 上田、上田千曲、上田西、上田東、小諸、小諸商業、佐久平総合技術(北佐久農業)、
野沢北、野沢南、丸子修学館(丸子実業)、佐久長聖
中信 池田工業、大町岳陽(大町)、木曽青峰(木曽西)、田川、豊科、松本県ヶ丘、松本蟻ヶ崎、
松本筑摩、松本深志、松本美須々ヶ丘、南安曇農業、松商学園、松本第一、武蔵工大二
南信 赤穂、阿智、阿南、飯田OIDE長姫(飯田長姫、飯田工業)、飯田、飯田風越、伊那北、
伊那弥生ケ丘、岡谷工業、岡山東、岡谷南、上伊那農業、駒ケ根工業、下伊那農業、
諏訪清陵、諏訪二葉、松川(塚原天竜)、東海大三
県外

愛知、小石川工業、仁川学院、日大杉並、時習館

 

 

寮生の在籍大学

国公立 東京大、一橋大、東京工業大、東京外国語大、東京学芸大、東京農工大、
東京医科歯科大、電機通信大、首都大学東京 等
私立大 早稲田大、慶応大、明治大、中央大、日本大、立教大、法政大、専修大、駒沢大、
立教大、上智大、芝浦工業大、東洋大、東京経済大、東京電機大、東京農業大、
東京理科大、国学院大、亜細亜大、成蹊大、帝京大、帝京平成大、東海大、
東京都市大、工学院大、拓殖大、日本獣医畜産大、武蔵野薬科大、東京薬科大、
高千穂商科大、武蔵野美術大、等